魔女見習の手帖

33歳、魔女見習は婚活中

ヴィーガンな恋人とお付き合いすることになったけど体験記

f:id:konmajo:20211201182456j:image

 

ヴィーガンって知ってる?

この記事はこんな人におすすめ!
ヴィーガンな恋人と付き合った体験記が読みたい人!」


目次

 


みなさんこんにちは!魔女見習です。
今回は私がヴィーガンの彼氏とお付き合いしてた時のことをお話します!
彼とお付き合いする上でかなり戸惑いの連続だったので、同じ立場の方の参考になればと思います!
ちなみに私はヴィーガンに賛成でも反対でもない立場です!
ヴィーガンをテーマとして扱うと過激な意見が伴いがちですので、世界一優しいヴィーガン記事を書こうと思っています!

それではどうぞ!


ヴィーガンとの出逢い

「僕、ヴィーガンなんです。」
彼と知り合ったばかりの頃、初めて一緒に食事をしながら、サラダを食べる彼に言われた。
私は耳馴染みのない言葉にきょとんとしていた。

ヴィーガンとは。完全菜食主義者のことだ。
野菜を食べる人。肉や魚など動物性食品を口にしない。
よく混同されるものにベジタリアンがあるが、違いとしては、「卵、牛乳、はちみつ」なども一切口にしないのがヴィーガンだ。
彼は海外で暮らしていた時期があり、当時の彼女がヴィーガンだったらしく、知識を学んでいったそうだ。動物性の物を食べると体調が悪くなることがあり、菜食主義に切り替えたところ体調がとても良くなったのがヴィーガンになったきっかけらしい。

確かに野菜は身体に良い。健康のために野菜をたくさん食べることは私も賛成だ。
彼は知識のない私にいろいろ教えてくれた。

ヴィーガンのきっかけには、「健康」だったり、「環境問題」、「動物愛護」などがあるらしい。彼は健康面を気にしてヴィーガンに取り組んでいた。
食後すぐの体調もそうだが、動物性の食品を食べることにより身体に炎症が起こり、将来癌などの病気になったりしやすくなるんだよ、と彼は言っていた。
また、彼は「B12」のサプリメントも飲んでいた。「B12」は動物性の食品からしか摂れない栄養素らしい。
完全菜食になると「B12」が欠乏するので、「B12」を摂らずにヴィーガンになるのは危険だと言っていた。

そうなんだ~。ヴィーガンって海外っぽいな~。やっぱ海外に住んでいたから中身は外国人なのね。おもしろ~い。
最初はそれくらいの感想だった。
ほどなく彼と正式にお付き合いすることになったのだが、ヴィーガンとの交際は想像以上に大変だった!


外食がとにかく大変

ヴィーガン彼氏とお付き合いすることになった私。
さあデートをするとなった時に困ったことになった。
”外食で食べれるものがない問題”
何しろ私は焼肉が好きなので今までのデートはもっぱら焼肉デートが多かったのだ。
興味本位で、ヴィーガンの人って焼肉屋に行くと焼ける肉のにおいで具合悪くなったりするの?と聞いてみたことがある。
彼曰く、「僕は動物愛護に興味があるわけじゃないからそこまでは思わない。ヴィーガンになる前に肉を食べたこともあるし、肉の味自体は好きだよ。食べれないんじゃなくて、食べたくない、なんだ。だから焼肉屋に行くこと自体は平気だけど、ヴィーガンの人は楽しめないと思うよ。」
なるほどなあ。好き嫌いではなくて食べたくない。
周りが肉を焼いているあいだ、チョレギサラダやキムチ冷麺を食べてるのもなんだか寂しいだろうな。

私はヴィーガン彼氏と楽しくデートできるお店を必死に探した。
海外だとヴィーガン人口が多いからヴィーガン対応のレストランも結構あるみたいだが、日本ではまだ少なくてね。デートする場所にヴィーガンレストランがあれば話が早いが、ネットで検索してもどこにでもあるわけじゃなかった。
(彼曰く、ヴィーガンカフェみたいな所のご飯はあんまり美味しいと思えないとも言っていた。確かに野菜サラダと鳥の餌みたいのが多いよね。)
ネットで調べまくって試行錯誤したうえで、私たちが実際にデートで行ったお店はこんな感じだった。

ファミレス

とにかくメニューが多いからなんとかなるだろうということで大手チェーンのファミレスに行った。
メインメニューがステーキやハンバーグを打ち出しているファミレスでも、季節のメニューなんかで「ごまだれうどん御膳」などが出ている事があるのでよかった。
しかし付属のごまだれドレッシングについて、「卵が入ってるかもしれない」と思ったらしく、お店の方に尋ねたがその時のスタッフさんはわからず、結局わかりました、大丈夫です、とそのドレッシングを使わずに食べていた。
アレルギーのある人のために、メニューに、卵や乳製品が含まれているか表記してあるのを見たことがある。今までは特に気に留めてなかったが、あれは非常に良い取り組みだなと改めて感じた。
また、一見野菜メニューだと思われるほうれん草のソテーを彼は頼んだが、実際に届いてみると一緒にベーコンが入っていて、ベーコンを取り除かなくてはいけなかった。そしてそのベーコンを私が食べるという感じ。

カレー屋

インドカレー屋も宗教上の理由からか、野菜カレーというメニューがありかなり助かった。
スープカレー屋も、細かくカスタマイズできる店が多いので、とても良かった。
例えばスープがチキンスープ、ココナッツスープと選べるお店だった場合、ココナッツスープにして、トッピングを野菜のみ、など、彼好みにできたので彼も満足度が高いみたいだった。
まあもしかしたら出汁は鶏ガラからとっていたのかもしれないが、表記されている情報で判断するしかなかった。


蕎麦屋

蕎麦屋さんもとても良かった。そもそものメイン食材が蕎麦という穀物で、大盛にすればボリュームもあるし、具材もわかめとかネギとか野菜がメインで、トッピングも選びやすかった。
しかし出汁がね、仕方ないけどおそらく鰹出汁だろう。まあ完全に昆布出汁で作っている蕎麦屋限定で探すのは大変なんでその辺は諦めてました。

そんなこんなで、外食で完全菜食を遂行するのはかなり厳しかった。
結局具材レベルでは取り除けても、出汁レベルになると動物性食品の使用は免れないんだよね。


日本食はだいたいアウト

ただ単に動物性のものを避ける、であればもっと簡単だったのかもしれないが、彼は健康のために脂っこいもの、小麦製品(グルテン)も避けていたので、さらに選択肢が狭まっていました。
一見平気そうなラーメン、パスタ、パンも好まなかった。
まあ洋食は確かに油が多いからね。では和食ならいいのかと言うとそうでもなかったんですよ。
和食定食屋は、お米と味噌汁、お漬物はいいとしても、結局メインは生姜焼きや焼き魚な事が多かったので、難しかったです。

改めて思うと、日本食の代表だいたいダメなんですよね。
今まで考えたこともなかったけど、日本食って、ヘルシー、健康に良い、ってそれは間違いなくそうなんだけど、ヴィーガンの彼氏的には殆どダメ。
寿司も魚だし、しゃぶしゃぶもすき焼きも肉。(すき焼きなんて卵につけて食べてるし。)

こ、これは難しい…

野菜だけを食べればいいだけ、肉や魚は私が食べるよ、なんて呑気に考えていたけど、出汁レベルで考えると殆どのものがアウトで本当に大変でした。
外食はできる範囲で、なるべく動物性の食品の摂取量を減らすようになればいい、という食事になっていた感じです。
ヴィーガンが日本で外食をするのは、難しい。


ヴィーガンはビジネスチャンス

でもこれってビジネスチャンスじゃないかなと思ったんですよね!
日本にはヴィーガン対応レストランが少ない、という事は伸びしろでしかない。

・海外での流行が遅れて日本に介入してくる。

実際、海外のブームが少し遅れて日本に介入してくる流れが多いと思うんです。
欧米ではヴィーガンレストランとか、ヴィーガン食品って結構流通しています。
日本でもそろそろヴィーガンブームくるかなーと思ってるんですが、どうでしょ?

・日本の高齢者はヘルシー、健康大好き

既に高齢化社会だし、高齢者は健康的な食事などにお金を惜しまないと思うんですよね。
ヴィーガンが健康か?についての議論は賛否両論あると思いますが、「野菜を食べる」ことが健康なのは間違いないと思うので、野菜メインの食事に関してはずっと需要はあると思います。

・若者へは美容・ファッションとして

野菜を食べる=健康、美容に繋がるというのは若者にとってもメリットがありますよね。
また、海外セレブ(歌手や俳優など)がヴィーガンを公言することによりヴィーガンってなんかおしゃれじゃん?と若者の意識を植え付けていけると思うし。
それってファッションヴィーガンじゃないか!厳格なヴィーガンじゃない!と厳しい意見もあると思います。
でも、インスタント食品を食べるよりは野菜を食べたほうが間違いなく身体にはいい。
「野菜を食べる量、機会を増やす」という点で見ればファッションヴィーガンだろうがブームになる価値はあると思います。

近い将来、レストランのメニューに必ずヴィーガンメニューがあるような社会にならないかなー。
お願いします食品業界のみなさん!!
まあ、完全菜食国、にはならないとは思うんだけどね。
何故かというと、日本食の代表が寿司だからさ。私も日本も寿司を捨てることはできない。寿司美味しいもんね。
私はヴィーガンでは無いし、多分ヴィーガンにはなれないんですけど、それでもヴィーガンビジネスに関してはとても可能性を感じました。
私が実業家だったら断然ヴィーガンビジネスに取り組みます!タピオカより息長いと思うよ!

そんなこんなで外食デートで右往左往、疲弊しすぎて、出した結論。
ヴィーガン彼氏とはお家デートが一番。
結局外食が大変すぎて、お家でお料理デートばかりになりました!
彼と一緒にヴィーガン料理を試行錯誤で作ったのでご紹介します!
自分の備忘録として書き残します!

料理初心者な私のヴィーガン料理

とりあえず「肉・魚・卵・乳製品を抜く」料理、野菜を食べる料理、で浮かんだものが鍋。
野菜・きのこ・豆腐・厚揚げで出汁を昆布だしにしてなんとかヴィーガン鍋が完成。
豆乳をいれて豆乳鍋もいいですね。市販の鍋つゆは動物性の出汁が入っているものが多いので注意です。

 

肉抜き肉じゃが、肉抜きカレー


肉を抜くだけで作れるし味も大きく変わらないので、よく作っていました!
肉を抜くと成立しない料理は、例えば豚の生姜焼きとかピーマンの肉詰めですね。
カレーは、市販のカレールーだと動物性のチキンエキスパウダーなどが入っている事が多いです。

 

アボカドちらし寿司


寿司は魚を不使用となると成立しないので壊滅的なのですが、アボカドと海苔と醤油があれば最強においしいアボカド丼ができます。アボカドは栄養価も高いのでおすすめです。

 

煮物


基本的に野菜を煮物にすることが多かったです。肉抜きの筑前煮も、しいたけのおかげで出汁が出ていました。
かぼちゃの煮物、だいこんの煮物、ひじきの煮物など、だいたい似た味付けでもバリエーション増やせます。

 

ミネストローネ


洋食ですが、肉抜きで成立します。キャベツ・にんじん・じゃがいもなど基本の野菜とトマト缶で作れる簡単な洋食。
チキンコンソメじゃなく野菜出汁でも味はおいしかったです。大豆を入れてもよい。

 

ヴィーガンは怖くない

YouTubeで「Vegan recipe」で検索すると海外のヴィーガンレシピ動画が結構出るので助かりました。

もっと沢山のヴィーガン食品がスーパーでも手軽に買えるようになってほしいですね。
最近は大豆ミートなど、プラントベースの代替品が発売されるようになりましたよね。
日本ではまだそんなにヴィーガン人口が多くないので、取扱店も少ないですが。
でもこれから、もっと沢山流通するようになれば、市場も、消費者の意識も変わっていくんじゃないかと思います。
彼曰く、欧米ではヴィーガンチーズ、ヴィーガンアイスなど、乳製品の代替食もあるらしい。
日本にもアレルギー対応として卵不使用のマヨネーズなどもあるし、多分、今は動物性食品を使わなくてもある程度なんとでもなるのかなと思いました。
牛乳の代わりに豆乳、小麦粉の代わりの米粉
こだわりすぎるとキリがないけど、ある程度なんとかなるんだなと勉強になりました。

もしヴィーガンの恋人にご飯を作りたいけど何をどうしていいかわかんない方の参考になればと思います!

頑張って下さい!!

 

以上!